内部リンクの使い方をマスターしてブログパワーup!を目指そう

内部リンク

 

勉強の為に、教材や色んなサイトを見ていると

 

「内部リンクがうんたらかんたら…」

 

といった表現を目にしたことありませんか?

 

この『内部リンク』をうまく活用することで
収益に大きな差が出てきます。

 

この内部リンクがなんなのか、
どうやって使うものなのか
使ったらどういう効果が得られるのか。

 

まだ使ったことのない人はサッパリわからないですよね。

 

では今回は内部リンクとはなんぞや?といった疑問に
答えていくとしましょう。

 

内部リンクっていったい何よ?

内部リンクは例えて言うなら、自分のブログ(サイト)の中に◎◎について書いたページがあったとします。

 

この◎◎ページ

▲▲ページへのURLを貼り付ける

 

この作業で1記事だけでなく2~3記事読んでもらって滞在時間をのばす…といった小技のひとつです。

 

ブログ運営を続けていると、ごちゃませブログにしろ特化ブログにしろ記事がたまってきて、ある程度のカテゴリー分けができるようになります。

 

そうなれば内部リンクを貼り付けるチャンスです!

 

内容こそ違うけれど、ネタが同じだったり知っておくと役立つかもしれない別の記事の内部リンクを貼っておくことで、

 

「こっちの記事も興味あるかも」

 

…といった流れで、続けて別の記事も読んでくれるかもしれません。

 

ということはつまり…?

そう!G様の評価が上がって

 

「ほほぅ、滞在時間の長い良質な記事じゃな」

 

…てな感じでインデックスが早くなったり収益upに繋がります。

 

収益アップ

 

無意識にスルーしてただけで、内部リンクで繋げるチャンスを目にしていると思いますよ。

ただ貼り方を間違えないことが大切です。

 

▼実際にやっていたもりこの失敗談▼

 

では次に実際にどうやって使うかについての説明に移るとしましょう。

 

内部リンクの使い方をここに授けよう

内部リンクの使い方…といっても、何もそう難しいものではないんですね。

例えば、カレーの作り方に関する記事を書いたとしましょう。

 

〈例文〉

このひと手間でいつものカレーがぐんと美味しくなります。
興味を持った人はぜひ試してみてくださいね。

 

↓↓ちなみにこちらの記事でも詳しくご案内してますよ~♪

 

【オススメ記事】記事タイトル(←内部リンクを仕込む)

 

では次の工程に移りましょう!!

 

 

こんな感じでさらっと紹介するといいですね。

 

あまりにもしつこく『こっちも読めよ』感が出ちゃうとダメです。

人によってはイラっとしてそのページから離脱されちゃうかもしれないですから(;´Д`)

 

いろんな記事を見て欲しいがためにやったことが逆効果になっては本末転倒です。

 

あくまでもさらっと、そしてさりげなく。

ここんとこ、忘れないようにしてくださいね。

 

内部リンクがあれば外部リンクもあるのだ

内部リンクは自分のブログの中だけで行うものですが、自分のブログ以外のサイトへ飛ばすリンクを『外部リンク』と言います。

 

例として、自分の書いた記事で案内した内容に加えて、公式のHPでも確認できますよ~ってことで、外部リンクを貼ることもあります。

 

私の場合はあんまり使わないですけどね(;^ω^)

だって訪問者が外のサイトに出ていったまま戻ってこないと困るので(笑)

 

もし外部リンクを使う時は、リンク先からきちんと掲載OKかどうかの承諾をもらっておいた方がいいですね。

 

無許可で外部リンク貼って、後々もめごとにならないように面倒でもその辺はきっちり確認しておきましょう。

 

 

以下にメールアドレスを入力しお申し込みください

お名前(必須)  
メールアドレス(必須)

※プロバイダーアドレスでは、メールが受け取れない場合がございますので、
Hotmail以外のYahoo、Gmailなどのフリーメールアドレスでの登録をお薦めいたします。

プロフィール

もりこ

アドセンスで副業中のOLもりこです。
こそこそと副収入稼いでます。
詳しいプロフィール

カテゴリー
応援ポチをお頼み申す
最近の投稿
お問い合わせ

感想・ご質問はこちらからどうぞ。